【外観レビュー】マイクロソフト新製品「Surface Pro 6」「Surface Laptop 2」「Surface Studio 2」「Surface Headphones」Microsoft Surface イベントに参加しました。旧Laptopとの比較も紹介します

スポンサーリンク

Surface Pro 6 Surface Laptop 2

日本マイクロソフトで行われた、「Microsoft Japan Surface Event」にて新製品「Surface Pro 6」「Surface Laptop 2」「Surface Studio 2」「Surface Headphones」の発表会と新製品の紹介と展示がありました。

イベントで展示されていた新型Surface Pro6iconSurface Laptop 2、ヘッドホンの紹介とイベントで使用した感想をお伝えいたします。

円熟の2in1パソコン「Surface Pro 6」

Surface Pro6
Surface Pro 6icon」は、2018年10月16日より販売が開始されました。

製品紹介では、マイクロソフトが掲げる、ワークスタイル変革をサポートする製品群であるとアピールしていました。

事実、Surface Pro LTE Advancedレビュー時の通り、いつでもどこでもいつもの作業が行えるのがいかに便利かを実感することができました。

日本マイクロソフトが2018年5月に発売した「Surface Pro LTE Advanced(GWM-00009)」のレビューと台...

Surface Pro 6iconの製品コンセプトとして、一切の妥協を排して最新のテクノロジーを搭載してやりたいことを実現するための道具と規定し、質感などもこだわり抜いた製品だとアピールしていました。

さらに、マイクロソフトのアンケート調査によると、Surface Proユーザー満足度は99%誇り、購入後の満足度が非常に高い製品だと伺われます。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)↑↑公式ストアでSurface Pro6のスペックを確認しよう↑↑

Surface Pro 6とSurface Pro2017/2018の違いについて

Surface Pro 6の外観の変更ポイントは?

Surface Pro 6 ブラック
一番の大きい変更ポイントは、本体カラー「ブラック (上記画像右)icon」の追加です。

マットなブラックで、どんなビジネスシーンでもマッチする色になっています。

スタンド部分にあるWindowsロゴも少し黒いマットになっており、鏡面の感じが抑えられており上品な仕上がりになっています。

Surface Pro 6iconの外観やタイプカバーキーボード、端子、ポート類は、従来のSurface Pro 2017/2018とほぼ同じ形状になっています。そのため、アクセサリー類は、従来品が使用できます

重さも変わらず、Surface Pro 6 Core i5モデルで770gです。1gの増減もありません。

Surface Pro 6キックスタンド

確認できた、外観の変更部分は、キックスタンドの足の部分が従来のSurface Pro 2017/2018変わっています。

足の部分が斜めにカットされており、足を開いた状態でも滑りにくいようになったのと、斜めのカットにより、スタンドの足が引き出しやすくなりました。

Surface Pro 6は、CPUが強化された

Surface Pro 6 CPU
CPUに第8世代インテル® Core™プロセッサー(Coffee Lake)を搭載したことにより、CPUのコア数を増やし、コア数増加によるマルチタスクの最適化を図りました。

やや、重たい作業やバックグラウンドで処理を行う機能に有効です。

本体のファンの搭載仕様も変わらず、Core i7の機種は、ファン付きとなります。Core i5の機種は従来通りファンレスです。

バッテリーは、第8世代のプロセッサー採用にもかかわらず、従来と同じ13.5時間のバッテリー駆動時間になっています。

Surface Pro 6とiPadProとの比較

iPad Proと比較すると、Surface Pro 6が3.5時間長く稼働することもアピールしていました。(個人的には、タブレットと2in1パソコンでは比較対象にならないと思いますが・・・)

外観があまり変わらないので強化ポイントが分かりずらいですが、起動して使いだすと差が実感できるようになります。

Surface Pro 6は、値下げされ、買いやすくなりました

Surface Pro 6 価格一覧
Surface Pro 6より、一般消費者向け版の標準インストールOSがWindows 10 Homeになりました。

Officeは、Surface Pro 2018と同じOffice Home and Business 2016がインストールされます。

OSの変更に伴い、同一仕様で約7000円お買い得になりました

個人ユーザーが増えてきたSurface Proiconですので、価格面がオトクになったのでより敷居が下がったと思います。

なお、Windows 10 HomeからWindows 10 Proには、差額を払ってOSを変更できます。

Surface Pro 6も学割キャンペーン(Surface 学生優待プログラム)に対応です。タイプカバーと同時購入が条件ですが、最新機種がオトクに購入できるのはチャンスですね。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)↑↑公式ストアでSurface学割キャンペーンの条件や申し込み方法を確認しよう↑↑

Surface Pro 6は、名称が変更された

名称ルールが変更になり、前回一時的?に中止になったナンバリングが復活しています。Surface Pro 5は、永久欠番になるようです。

なお、前回のSurface Proは、販売中にバンドルのOfficeの種類変更により型番が変更になりました。

そのため、変更後の製品をSurface Pro 2018という名称で呼ぶことがあった影響が考えられます。

LTE版Surface Pro 6の販売予定はなし

Surface Pro LTE Advanced SIMスロット

現時点でLTE版(Surface Pro 6 LTE Advanced?)の計画はないとの事です。

従って、LTE版は、現在販売中の「Surface Pro LTE Advanced」と発売予定の「Surface Go」のみとなります。

Surface Pro 6の価格とスペック一覧

モデル 本体色
一般向け/
Windows 10 Home
Office2016H&B
法人向け/
Windows 10 Pro
Officeなし
Core i5/8GB/128GB(ファンレス) プラチナ 119,800円 114,800円
Core i5/8GB/256GB(ファンレス) プラチナ/ブラック 139,800円 134,800円
Core i7/8GB/256GB プラチナ/ブラック 180,800円 174,800円
Core i7/16GB/512GB プラチナ/ブラック 224,800円 218,800円
Core i7/16GB/1TB ブラック 268,800円 262,800円

価格は税別
Office2016H&Bの正式バージョン名は「Office Home and Business 2016」です

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)↑↑公式ストアでSurface Pro6のスペックを確認しよう↑↑

安定のスタイリッシュノートパソコン「Surface Laptop 2」

Surface Laptop 2ブラック
Surface Laptop 2」は、2018年10月16日より販売が開始されました。

製品紹介では、Surface Pro 6と同様に製品コンセプトとして、一切の妥協を排して最新のテクノロジーを搭載してやりたいことを実現するための道具と規定し、質感などもこだわり抜いた製品だとアピールしていました。

さらに、マイクロソフトのアンケート調査によると、Surface Laptopユーザー満足度も99%誇り、購入後の満足度が非常に高い製品だと伺われます。

Surface Laptop 2とSurface Laptopの変更点について

Surface Laptop 2の外観の変更ポイントは?

Surface Laptop 2

一番の大きい変更ポイントは、本体カラー「ブラック(画像右上)」の追加です。マットなブラックで、どんなビジネスシーンでもマッチする色になっています。

液晶裏側にあるWindowsロゴも少し黒いマットになっており、鏡面の感じが抑えられており上品な仕上がりになっています。

Surface Laptop 2の外観や端子、ポート類は、従来のSurface Laptopと同じ形状になっています。

Surface Laptop 2とSurface Laptop比較

Surface Laptop 2(左:ブラック)とSurface Laptop(右:グラファイトゴールド)並べて比べても、外観上は全く差がありません。

重さも変わらず、Surface Laptop 2 Core i5モデルで1,252g、Core i7モデルで1,283gです。1gの増減もありません。

Surface Laptop 2はCPUが強化されました

Surface Pro 6 CPU

第7世代から第8世代インテル® Core™プロセッサー(Coffee Lake)に変更されました。新プロセッサーの搭載により、CPUのコア数を増やし、コア数増加によるマルチタスクの最適化を図っているCPUが採用されています。

Surface Laptop 2本体のファンの搭載仕様も変わらず、全種類ファン付きとなります。負荷をかけてもファン音は静かなので気にしなくてもよいレベルに仕上がっています。

Surface Laptop 2バッテリー時間

Surface Laptop 2のバッテリーは、第8世代のプロセッサー採用にもかかわらず、従来と同じ14.5時間のバッテリー駆動時間になっています。

MacBook(10時間), MacBook Air(12時間), MacBook Pro 13″(10時間)よりもバッテリーの持ちがよいことをアピールしていました。

バッテリーは、パームレストにあるのでタイピング中でも熱を感じることはありません。

Surface Laptop 2はキーボードが改良されました

Surface Laptop 2キーボード

Surface Laptopシリーズのキーボードは、適度なストロークがありスペースキーが他のメーカーより広く作られています。

通常のキー3個分以上のスペースがあるので、漢字変換がしやすいと思います。

Surface Laptop 2では、このキーボードが改良されており、タイピング感が異なっていました。より、キーを押したときの音が小さくなっていました。

Surface Laptop 2はsurface Penの筆圧検知が改良されました

Surface Laptop 2では、従来の1024段階から4096段階の筆圧検知に改良されました。

Surface Penを使用して、より細やかな表現が可能になります。

Surface Laptop 2は価格は据え置き

Surface Laptop 2価格一覧
Surface Laptop 2より、一般消費者向け版の標準インストールOSがWindows 10 SからWindows 10 Homeになりました。

Officeは、Surface Laptop2017/2018と同じOffice Home and Business 2016がインストールされます。

Windows 10 Sはストアプリしか使えない制限があり、Surface Laptopのユーザーはほとんどの人がWindows 10 SからWindows 10 Proに切り替えて使用してた思います。

そのため、Windows 10 Homeが初期インストールであれば、特に変更せず使用することできます。

初めてのノートパソコンユーザーでも迷うことなく使用できるので、改善と思います。

なお、Windows 10 HomeからWindows 10 Proには、差額を払ってOSを変更できます。

Surface Laptop 2も学割キャンペーン(Surface 学生優待プログラム)に対応です。最新機種がオトクに購入できるのはチャンスですね。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)↑↑公式ストアでSurface学割キャンペーンの条件や申し込み方法を確認しよう↑↑

LTE版Surface Laptop 2の販売予定はなし

Surface Pro LTE Advanced中華電信のプリペイドSIMカード

Surface Pro LTE Advancedと台湾:中華電信のプリペイドSIMカード

現時点でLTE版(Surface Laptop 2 LTE Advanced?)の計画はないとの事です。

従って、LTE版は、現在販売中の「Surface Pro LTE Advanced」と発売予定の「Surface Go」のみとなります。

Surface Laptop 2の価格とスペック一覧

モデル 本体色
一般向け/
Windows 10 Home
Office2016H&B
法人向け/
Windows 10 Pro
Officeなし
Core i5/8GB/128GB プラチナ 126,800円 135,800円
Core i5/8GB/256GB 4色(法人はプラチナのみ) 146,800円 144,800円
Core i7/8GB/256GB 4色 190,800円 184,800円
Core i7/16GB/512GB 4色 259,800円 253,800円
Core i7/16GB/1TB ブラック 315,800円 309,800円

4色は、ブラック、プラチナ、バーガンディ、コバルトブルーです。グラファイトゴールドは廃止されました。

価格は税別
Office2016H&Bの正式バージョン名は「Office Home and Business 2016」です

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)↑↑公式ストアでSurface Laptop2のスペックを確認しよう↑↑

クリエイター向けパソコン「Surface Studio 2」

Surface Studio 2
Surface Studioのスペックがリニューアルされて、発売されます。

2019年1月より販売が開始されます。CPU、ビデオカード、SSD、液晶モニターが改良される予定です。

ゲーミングヘッドホンにも対応「Surface Headphones」

Surface Headphones

2019年内に販売が開始されます。

米国では、11月19日に349米ドルで発売されます。

13段階のアクティブノイズキャンセリング機能があり、イヤホンハウジングのダイヤルにてノイズフィルターの効果を調整することができます。

タッチによる操作やヘッドホンを外すと、再生が止まるなどの機能があります。

マイクも内蔵されており、音声アシスタントのコルタナに対応する仕様になっています。

基本は、Bluetoothにてデバイスとして接続しますが、USB-Cケーブルを経由してのUSBヘッドホンとして使用することや、付属の3.5mmミニジャックプラグケーブル(1.5m)を使用して聞くことができる仕様になっています。

主なスペックは以下の通りです。

ドライバは40mm径 、重量は約290g。バッテリ駆動時間は、アクティブノイズキャンセル有効、Bluetooth音楽再生、コルタナ有効で約15時間。付属のUSB-Cケーブル(1.5m)で充電を行います。キャリングケース付き。
。充電時間は、2時間で満充電になります。

残念ながらXboxには対応していないため、ミニプラグを使用して接続するようになります。

新しいデバイスで、発売が待ち遠しいですね。