【外観レビュー】マイクロソフト新製品「Surface Go」Microsoft Japan Surface Eventイベントに参加しました!iPad Proと比較は?LTE版は?

スポンサーリンク

Microsoft Surface Go 外観

渋谷Trunk Hotelで行われた、「Microsoft Japan Surface Event」にて新製品「Surface Goicon」の展示がありました。

イベントで展示されていた「Surface Goicon」の紹介とイベントで使用した感想をお伝えいたします。
また、iPad Pro 10.5インチモデルと外観比較もご覧ください。

軽いよ!Surface Go

Surface Go 新登場

Surface Goicon」の仕様では、重さ「522g」となっており、iPad 第6世代 (469~478g)やiPad Pro 10.5インチ版(469~477g)よりも少し重いのですが、なぜか?重さを感じず、軽いという印象がありました。

キックスタンドがあるため、iPadとSurface Goiconを比較して「厚い」「重い」と思われがちですが、iPadでもケースカバーを使用しないと自立することができません。

そのため、実際に使うときには「Surface Goicon」でもスペックの差ほど使用感について差がなく、裸?で持ち運べる「Surface Goicon」のほうが、軽い感じがしました。

外観は、B5ノートと同じ大きさ

Surface Go 外観比較

B5のノートと比較すると、ほぼ同じ大きさです。

Surface Goノート外観比較

比較のためB5ノートを「Surface Goicon」の下に置いてみました。

ケースやカバーなどは、B5ノートが入る大きさを目安にするといいと思います。

Surface GoとiPad Pro 10.5インチの比較

Surface Go VS iPad Pro比較

Surface Goicon」のディスプレイ仕様は、「10インチ(1800 x 1200 217 PPI)」でiPad Proは「10.5インチ(2224 x 1668 264PPI)」となっています。

仕様ではiPad Proが上ですが、横に置いて使用して見ると特に不満がなく、どちらもキレイな液晶画面でした。

Surface Goicon」は、ベゼル(液晶ふち)がiPadよりもありますが、タブレットとして使用する際に、親指をかけるので、実用上の問題はありませんでした。

Surface Goの拡張性、端子やポートは?

surface go 拡張ポート

Surface Goicon」本体右側には、イヤフォンジャック、USB 3.1 Type-C (PD対応)、Surface Connect、microSDXCカードスロットがあります。

なお、USB 3.1 Type-Cは、PDにも対応しているので「Surface Goicon」の充電もできます。

Surface Go Surface Connect

Surface Connectは、磁石でくっつくので接続が簡単です。

Surface Go LTE版は?

Surface Go LTE版 外観

Surface Goicon」のLTE版の展示もありました

Surface Goicon」の左側にSIMスロットがあります。SIMサイズは、担当者に確認を忘れましたがサイズ的には「Surface Pro LTE Advanced」と同じ、nanoSIMサイズと思われます。

また、担当者からeSIMにも対応していると教えていただきました許可申請中ですが、LTE部分は「Surface Pro LTE Advanced」と同じ仕様と考えてよいと思います。

2018年内発売予定とのことですので、機動力が高いので人気が出ると思います。

Surface Go Signature Type Coverキーボード

Surface Go Signature Type Cover

Surface Pro Signature タイプカバー」と同じAlcantara®(アルカンターラ)という人口スエード素材を使用しています。

液晶画面を確実に保護してくれます。

Surface Go Signature Type Coverキーボード

画面では見にくいですが、「バックライト」がついていますので暗いところでも安心してタイピングできます。

Surface Go Signature Type Coverキーボード

Surface Laptopicon」と「Surface Goicon」のキーボード、比較です。

Surface Goicon」は全体に小さいですが、打ちにくいことはありませんでした。

キーを押した感じは、しっかりした感じでした。たわむ感じがなく、小型のキーボードにしては、非常に優秀でAlcantara®(アルカンターラ)の高級感を考えるとコスパが高いと思います。

Surface Go Signature Type Coverキーボード

カラーは、「プラチナ」、「バーガンディー」、「コバルトブルー」の3色で、各15,400円です。

Surfceペンも使えます

Surface ペン

Surface ペン」は、Surface共通のペンが使用できます。筆圧検知は4096段階です。

Surface Go Surface ペン

Surface ペン」は、左右どちらにもくっつけることができます。

スポンサーリンク

フォローする