【レビュー】基本のノートパソコンSurface Laptop(2017 第1世代)を使ってみました

スポンサーリンク

Surface Laptop(2017)

日本マイクロソフトが2017年7月に発表した「Surface Laptopicon(第1世代)」のレビューです。
スペックや性能比較も大事ですが、使用感をメインにお伝えしたいと思います

最新の「Surface Laptop 2」については、こちらの外観レビュー記事をご参照ください。

Surface Laptopとは?

Surface Laptop

マイクロソフトが2013年から販売しているSurface(サーフェス)シリーズに加わった、新しいラインナップで、これまでの「Surface Pro」や「Surface Book2」とも形状が異なる、シンプルなクラムシェル型ノートパソコンです。

大学生をターゲットにしたノートパソコンで、入学から大学卒業まで使用できるように考慮されており、画面が大きく(13.5インチ)、持ち運びも考えられたサイズになっています。

同じく、学生に人気のMacBook Airを強く意識しており、機能・仕様・デザインも上質にまとめられたノートパソコンになっています。

MacBook Airとの比較表

名称 液晶サイズ 画面解像 液晶比率 バッテリー 重量
Surface Laptop 13.5インチ 2256×1504 3:2 14.5時間 1.25 kg
MacBook Air 13.3インチ 1440×900 4:3 12時間 1.35 kg

1キロを切るノートパソコンもありますが、画面の大きさを考慮すると非常に重たい機種ではないので許容範囲内かな?と思います。

もちろん、学生専用ではないので外での使用が多い人にもおススメできるパソコンです。

Surface Laptop 良いところ1 デザインがおしゃれ!

Surface Laptop(サーフェス ラップトップ)

洗練されたスタイリッシュで上品なデザインは、ほかのパソコンとは異なる個性を醸し出しています。アルミの外装は手触りよく、手で持っても滑りにくいです。

また、4色のカラー(バーガンディ、プラチナ、コバルト ブルー、グラファイト ゴールド)が選択できます。キーボード面も、外装と同じ色の高級素材のAlcantara®が使われていて、上質な質感で快適に作業が行えます。

Surface Laptop(2017)サーフェスラップトップ

カフェでも、しっくりなじむカラーとデザインがおしゃれです。

Surface Laptop 良いところ2 画面が広い!タッチパネル付き!

Surface Laptop(2017)サーフェスラップトップ

© 2016「君の名は。」製作委員会

Surface Laptopの液晶は13.5インチで解像度が2256×1504(201 PPI)と高画質のPixelSense液晶を使用しています。

そのため、一般的な高解像度といわれるフルHD解像度1920×1080を上回り、デスクトップが広く使用できます。

ネットで調べ物をしながら、画面を切り替えることなくパワーポイントでプレゼン資料ができます。縦方向に余裕があるのでネットが見やすいのがポイントですね。

さらに、タッチパネルになっていますので、Surface ペンによる手書きや手での操作もできます。

横長の液晶ではありませんが、映画・動画を見るときでも特に違和感なく見ることが出来ました。

Surface Laptop 良いところ3 キーボードは冷たくない・熱くない

Surface Laptop(2017)サーフェスラップトップ

Surface Laptopの手を置くパームレストやキーボード面には、外装と同じ色のAlcantara®(アルカンターラ)が使われています。

東レの子会社であるイタリアのアルカンターラ社では、高級素材Alcantara®をポルシェなど高級車や航空機の内装素材として販売しており、スマートフォン(Galaxy Note8)のカバーにもAlcantara®が採用されています。

そのため、本体はアルミでひんやりしていますが、キーボード面は手触りが良く、冷たくないです。

他のパソコンにはない特徴的なキーボードになっています。

なお、キーボードの下にはバッテリーになっています。ハードディスクの発熱もなく快適に使用できます。

Surface Laptop(2017)サーフェスラップトップ

キーボードライトがついていますので、暗い場所ではライトが自動点灯します。

Surface Laptop 残念なところ 初期費用かも?

Surface Laptopは、最安のD9P-00039(Intel i5/128 GB/4GB RAM)で、136,940円(税込)となっています。

Surface ペンが12,744円(税込)ですから合計が149,684円(税込)。

セットにすると、それなりの金額になります・・・

2018年5月1日より新型のSurface Laptop (Intel m3/128 GB/4GB RAM)が発売され、価格は¥107,784 (税込)です。従来機種よりも約22%も金額下がり、買いやすくなりました。

初期費用が高い代わり?付属のOfficeが「Microsoft Office Home & Business 2016」です。
パソコンのバンドル版でも25,000円ぐらいするものが標準添付になります。

このOfficeと高精細なタッチ対応液晶がSurface Laptopのおススメのポイントです。

オンラインストアで購入すると送料無料と30日間の返金保証もあるので気になる方は、こちらをご覧ください。→Microsoft Store(マイクロソフトストア)

Surface Laptop Proとの比較

おすすめのsurface

迷ったら、「あなたにおすすめのSurface」を使ってみましょう。マイクロソフトのホームページに、最適なデバイスを選ぶヒントiconというページがあります。

最適なデバイスを選ぶヒントiconの質問に答えていくと、おすすめなSurfaceをアドバイスしてくれます。

ちなみに、私はSurface Laptopをおすすめされました。

Surface Laptop キャンペーン情報

キャンペーン情報2018年10月16日~11月30日

icon icon

Surface Laptop 2」の発売に伴い、Surface Laptop(第1世代)が期間限定でお安くなっています。キャンペーンページ詳細はこちらをサイトからご覧ください。

型番:KSR-00022 仕様:i5/128GB/8GB キャッシュバック金額:¥19,000
型番:DAG-00106 仕様:i5/256GB/8GB キャッシュバック金額:¥22,000
注意:学割併用不可

キャンペーン詳細はこちらからご覧ください。→キャンペーンページ icon

大学生向け割引、学割があります

なんと!学生は「学生優待プログラムicon」があり、12,000~40,000円(全機種対応)のキャッシュバックがありますので、学生の方は絶対オトクなので検討されてもいいかもしれません。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

スポンサーリンク

フォローする