【レビュー】HP V28 4Kモニター コスパが高くテレワークのモニターに最適、HPの福袋で購入しました

スポンサーリンク

2021HP福袋 HP V28 4K ディスプレイモニター

テレワーク・在宅勤務での作業効率アップのために、外付けの4Kモニター「HP V28 4K」を購入しました。

ノートパソコンを大幅に上回る、高解像度で効率的に仕事が進みます。

リーズナブルな価格の4Kモニターを購入検討されている方も多いと思います。

HP公式サイトでは、3万円を切る29,480円(税込)で販売しています。

2020年8月発表された、ワンランク上の4Kモニターでの高解像度体験をしたので、口コミの使用感についてお伝えしますので、ご購入の参考していただければと思います。

HP V28 4Kモニターのまとめ

・一般的な仕事に最適、非光沢、4K解像度、27.9インチと仕様上は満足
・リーズナブルな価格と納品までは1週間
・ゲーム用モニター(PS5やゲーミング用)には、やや不向きです

↓↓HPモニターの購入はこちらをクリニック↓↓

HPダイレクトでのモニター購入はこちらをクリック!

目次

HPの福袋で購入!HP V28 4Kモニターは、19,800円

HP福袋2021

年末恒例のHP福袋ですが、2021年の福袋は、モニターのラインナップが充実していました。

福袋名称 価格 ネタバレ ネタバレ価格 おトク金額 割引率
ゲーミングモニター福袋 中吉 12,900円 HP 24x 23.8インチ ゲーミングディスプレイ icon 20,800円 7,900円 約38%OFF
ゲーミングモニター福袋 大吉 23,900円 HP X27i QHD ゲーミングディスプレイ icon 44,800円 20,900円 約47%OFF
テレワークに最適液晶ディスプレイ福袋 21,800円 HP Pavilion 27 FHD ディスプレイ icon 26,800円 5,000円 約19%OFF
エンタメに最適液晶ディスプレイ福袋 19,800円 HP V28 4K ディスプレイ icon 26,800円 7,000円 約27%OFF

※表の価格は税別

4Kモニターが、1万円台で購入できるインパクトは大きいです。

福袋は、期間限定(2020年12月8日~2021年1月12日)のため、同じ価格での購入は難しいですが、HPで会員登録を行うとキャンペーン情報をメールにて送ってくれます。

もちろん、福袋のセールもキャンペーンメールにて知りました。

検討中であれば、キャンペーン情報が取得できる、会員登録がおススメですよ。

話がそれましたが、23~27インチモニター/ディスプレイの価格は、

解像度 価格
フルHD 1920 x 1080 12,000円程度
QHD 2560 x 1440 25,000円程度
4K 3840 x 2160 35,000円程度

おおむね、このように分かれれており、対応する追加機能(HDR, 120Hz, スピーカーやWebカメラ)や端子(USB Type-C)によって、価格が前後します。

その中でも、HP V28 4Kは、税込でも3万円を切る26,800円(税抜)29,480円(税込)です。

「HP V28 4K」は、QHDの価格帯で4K解像度がある、非常にコストパフォーマンスが高いモニターなのです

予算をなるべく抑えたいところですが、モニターは一度購入すると数年間は使用し続けるものなので、作業効率がアップする高解像度を購入した方が、後々になって便利になってきます。

モニターに関しては、予算を割いていいものを検討することを強くおすすめします

↓↓HPモニターの購入はこちらをクリニック↓↓

HPダイレクトでのモニター購入はこちらをクリック!

HP V28 4Kモニターのパネルは、非光沢のTN液晶

HP V28 4Kモニター

テレワークや在宅ワークですと、一般事務作業、例えば文書作成やメールWebブラウザの使用がメインになると思います。

HP V28 4Kのパネルは、非光沢で映り込みがほとんどないので、目が疲れません

パソコンデスクを壁に沿って設置していると思います。

そのため、家庭の場合は、事務所と異なり、部屋の照明がモニターに必ず映り込んでしまいます。

HP V28 4Kモニターは、非光沢液晶なので、部屋の照明が映り込みにくく、比較的目に優しく作業することができます。

HP V28 4Kモニターのパネルは、TN液晶で大丈夫か?

TN液晶でも、問題ありません

TN液晶パネルは、IPS液晶パネルと比べ視野角が狭い、色変化大きいと欠点があります。

多くの、IPS液晶パネルの視野角が水平/垂直178°ぐらいですが、HP V28 4Kの視野角は「170°(水平)/160°(垂直)」です。

仕様上には、IPS液晶パネル(水平/垂直178°)と遜色ないことが分かります。

実際に、モニターの正面に座ることが多い、テレワークや在宅ワークでは横からのぞき込むことがないので、TN液晶パネルの欠点で悩まされたことはありませんでした。

HP V28 4Kモニターの大きさやサイズは?

HP V28 4K ディスプレイ

HPホームページより引用

横幅が、約3センチほど大きいです。高さは、一般的な高さです

HP V28 4Kの大きさは、「幅658.8 x 奥行56.2 x 高さ383.2(466.8スタンド使用時) mm 」です。

フレームレスモニターではないので、フレーム部分が少し大きくなっています。

他の、27インチフレームレスモニターの幅は約620mmなので、HP V28 4Kは約3センチほど大きくなっています。

重さは、本体が「4.4 kg」、スタンドを含めると「5.5 kg」です。

スタンドを使用すると、高さ466.8mmになります。他の27インチモニターは約450mmなのでそれほど、フレームの大きさを意識することはなく、一般的な高さに収まっています。

HP V28 4Kモニターの設置・組み立ては?

HP V28 4K ディスプレイ個装箱

開封してから、設置まで約10分ぐらいです

HP V28 4Kの個装箱の大きさは、732 x 160 x 479 mm、重さ 7.7 kgです。

ハンドルがついているのでお店で、購入して持ち帰ることができる大きさですが、筋肉痛が伴うかもしれません。

設置も、スタンド台がついた状態の本体の重さは、5.5kgなので一人で持てて、設置できる重さです。

HP V28 4Kディスプレイ

開封して、付属品(電源ケーブル、HDMI ケーブル、Display Port ケーブル、取扱説明書)を取り出します。パネル落下させて破損しないよう、平らな床で開封しましょう。

HP V28 4K モニター台座

ディスプレイ台を取り出します。

HP V28 4K モニター台座完成

スタンドをディスプレイ台に取り付けます。

HP V28 4K モニター台完成

モニターに組み立てた、ディスプレイ台を差し込んで完了です。

HP V28 4Kモニターの接続端子は?

HP V28 4K モニター接続端子

HP V28 4Kの端子は、左からHDMI 2.0(HDCP対応)入力が2系統、DisplayPort(HDCP対応)1系統、ヘッドフォン出力端子があります

最新のUSB Type-Cポートはありませんが、スタンダードなポート構成になっています。

MacBook AirやSurface Laptop 3などパソコンがUSB Type-Cポートしかない場合、USB Type-C用DisplayPort変換ケーブルやアダプターが必要になります。

HP V28 4K モニター付属品ケーブル

HDMI ケーブル、Display Port ケーブルがそれぞれ1本づつ付属しています。

最近は、ケーブルが添付されていないモニターもあるので、モニターケーブル標準添付は丁寧な対応です。

HP V28 4KモニターでのゲームやPS5への対応は?

PlayStation 5 本体

HP V28 4Kでゲームはできなくはないが、本格的なゲーム用ではありません

HP V28 4Kのリフレッシュレートは、60Hz、応答速度3.5ms (オーバードライブ時は1ms)、AMD Radeon FreeSync対応となっています。

リフレッシュレートが60Hzなので、ゲーミングモニターのような240Hzとか165Hzなど高リフレッシュレートではありません。

レースゲームやFPSゲームには厳しいと思います。

しかしながら、応答速度3.5ms (オーバードライブ時は1ms)とあり、OSDのメニューで5段階の切り替えができます。

HP V28 4Kオーバードライブ応答時間応答時間で、レベル5(最速)ですと、オーバードライブが適用され1msになります。

PlayStation 5の対応は?

PlayStation 5は、以下の解像度に対応しています。

720p (HD、1280×720ピクセル/プログレッシブ投影)
1080i(フルHD、1920×1080ピクセル/インターレース投影)
1080p(フルHD、1920×1080ピクセル/プログレッシブ投影)
2160p(4K、3840×2160ピクセル/プログレッシブ投影)

HP V28 4Kは、仕様で「HDMI 2.0対応」となっています。そのため、PlayStation 5は4K 60Hzであれば対応と思われます。

手元にPlayStation 5がないので、確認ができませんが、一応仕様上では映るモニターとなっています。

HP V28 4Kは、5年ぐらい前のモニターと比べると応答速度が向上していますので、ライトなゲームであれば、プレイに影響はないと思います。

HP V28 4KモニターとWindows10パソコンの接続について

4K解像度

Windows10でHP V28 4Kを使用するには、ドライバーのインストールが必要になります

HP V28 4K ディスプレイドライバーインストール

インストール直後は、上記の通り「HP V28 4K Monitor」と認識されず、「汎用PnPモニター」と表示され、4K UHD(3840×2160)解像度が使用できません。

HPモニター福袋ドライバー

こちら(HP V28 4K モニタードライバー)からダウンロードが必要です。

HP V28 4Kドライバーインストール済み

正しくドライバーがインストールされると「HP V28 4K Monitor」と表示され、モニターが正しく認識されます。

HP V28 4Kディスプレイドライバー

ドライバーインストール後に認識されると、4K UHD(3840×2160)解像度を選ぶことができます。

HP V28 4Kモニターの設定メニューは?

HP V28 4Kのオンスクリーンディスプレイ(OSD)は、8つのメニューがあります

輝度+・色・イメージ・入力・電源・メニュー・マネージメント・情報です。

各メニューごとに、メニューの役割を解説します。

HP V28 4Kのモニターメニュー「輝度+」

HP V28 4K OSDメニュー

輝度

0~100まで設定できます。

50ぐらいでも明るめなので、目の負担を考え35~40ぐらいに設定しています。

コントラスト

0~100まで設定できます。

好みもありますが、輝度と同じ値か10%低い値ぐらいがバランスが取れていると思います。

あまり数値が高いと、白飛びしてしまい、画面が白っぽくなってしまいます。

ダイナミックコントラスト

通常はオフで設定されています。

オンにするとコントラストが高くなり、メリハリがある映像になります。

HP V28 4Kのダイナミックコントラスト比は10,000,000:1です。

黒色ストレッチ

通常は、「オフ」に設定されています。

他に「低」「中」「高」の設定があり、「高」していくと、黒色がグレーのような明るめの黒になります。

ただし、色全体が変わるので色味が変わるわけではありません。

HP V28 4Kのモニターメニュー「色」

HP V28 4K OSDメニュー

「暖色」「無彩色」「寒色」「低ブルーライト」「夜間」「読書」「HP Enhance+」「カスタムRGB」の8の画質メニューがあります。

通常は、「暖色」に設定されています。

色味がプリセットされており、簡単に目的に合った色調を呼び出すことができます。

「無彩色」は、黒と白がはっきりしますので、グレースケール画像に最適です。

「寒色」は、全体が明るく(青みががかった色)なります。動画やゲームに最適です。

「低ブルーライト」にすると、ブルーライトを低く抑えることができます。

「夜間」は、暖色よりも赤みかかった色になります。

「読書」は、黒と白のテキストがよりはっきりとなり、シャープな感じになります。

「HP Enhance+」は、静止画や動画のシャープネスとコントラストを高めるモードです。
「低」「中」「高」とあります。動画やゲームに最適です。

「カスタムRGB」は、マニュアルで好みのカラーを調整することができます。
プリセットでは、満足できない画質を好みの値で調整することができます。

HP V28 4Kのモニターメニュー「イメージ」

HP V28 4K OSDメニュー

FeeeSync™

可変リフレッシュレート同期機能です。対応GPUからの出力であれば、自動同調するので、ディフォルトの「オン」にしておきましょう。

応答時間

HP V28 4Kオーバードライブ応答時間

一般的には、オーバードライブという設定になります。

「レベル1~5」の5段階です。ゲームには、「レベル2」を、FPSゲームには「レベル5(1ms)」がおススメになります。

なお、プリセットカラー(モニターメニューの「色」)と応答時間は独立して設定することができます。

シャープネス

「ソフト」「レベル2~6」「シャープ」の7段階です

通常は、「レベル4」になっています。

ソフトにすると、ふんわりとした画像になり、昔のブラウン管モニターのようになります。

HP V28 4Kのモニターメニュー「入力」

HP V28 4K OSDメニュー

「DisplayPort」「HDMI1」「HDMI2」「自動切換入力」「DPホットプラグの検出」「DisplayPortモード」のメニューがあります。

背面接続端子に接続されている、DisplayPort、HDMI1、HDMI2の映像を切り替えることができます。

自動切換

接続機器の電源状態によって、接続が切り替わる機能です。

DPホットプラグの検出

「省電力」と「常に有効」が選択できます。

テレワークや在宅ワークでノートパソコンに外部モニターを使用している場合、モニターの電源を切るとデスクトップの設定が変わってしまいます。

しかし、「常に有効」にしておくとモニターに繋がっている状態を維持することができます。

外部モニターとして使用する場合には、「常に有効」に変更しておくと便利です

DisplayPortモード

「DisplayPort1.1」と「DisplayPort1.2」を選択することができます。

意図的に、1920×1080(1080p)で固定して使用するときに「DisplayPort1.1」を選択します。

通常は、「DisplayPort1.2」の初期値のまま使用します。

HP V28 4Kのモニターメニュー「電源」

HP V28 4K OSDメニュー

「自動スリープモード」「再開時に電源オン」「スリープタイマー」「電源オフタイマー」「電源ランプ」のメニューがあります。

自動スリープモード

パソコンや入力端子からの信号がない時、自動的に電源を切って節電する機能です。

省電力モードやパワーセーブと同じ機能です。

通常は、「オン」にしておきましょう

再開時に電源オン

例えば、コンセントを抜いて意図せず電源が落ちたとき、再度プラグに入れたとき電源を入れるかどうかの設定です。

スリープタイマー

設定すると、指定した時間にスリープにしたり、スリープを解除したりできます。

また、現在時刻の設定が行えます。現在時刻は、電源を切断しても保持できます。

スリープモードの実行を行うと、すぐにスリープモードに入ります。

電源オフタイマー

設定すると、指定した時間に電源を切ることができます。

また、現在時刻の設定が行えます。現在時刻は、電源を切断しても保持できます。

なお、逆の電源オンタイマーはありません。

電源ランプ

HP V28 4K OSDメニュー

設定を変更すると、本体右下にある電源ランプの制御ができます。

通常は、「オン」ですが、「オフ」にすることで、動画や映画を見るときに没入感がアップします。

HP V28 4Kのモニターメニュー「メニュー」

HP V28 4K OSDメニュー

「メニューの表示位置」「メニューの透明度」「メニューのタイムアウト」「OSDメッセージ

」「ボタンの割り当て」のメニューがあります。

メニューの表示位置

OSDメニューの表示位置が変えられます。

標準は、ボタンのそばの右下です。右画面の映像を調整する場合、OSDメニューを移動して調整したほうが、簡単な場合があります。

メニューの透明度

レベル1~レベル7までの7段階で、設定するとメニューの透明度が高くなり、メニューに隠れた部分の画面が薄く表示されます。

メニューのタイムアウト

OSDメニューの表示時間です。

何も操作しないと、指定した5秒~60秒でメニューが消えます。

OSDメッセージ

「警告、入力信号無し」「電源投入時ロゴ」「Confirm Change Message」を表示させるかどうかを選択できます。

「モニターステータス」は、モニター信号入力時のステータスを表示する場所を指定できます。上・中・下と選ぶことができます

ボタンの割り当て

OSDボタンの設定ができます。

モニターメニューの「輝度」「色」「ディスプレイ情報」を選んで割り当てることができます。

リセット

メニュー内の設定をリセットして初期の状態の戻すことができます。

他のメニューへの影響はなく、このメニューのみリセットされます。

HP V28 4Kのモニターメニュー「マネージメント」

HP V28 4K OSDメニュー

「出荷時設定にリセット」「DDC/CIサポート」「言語」のメニューがあります。

出荷時設定にリセット

すべての設定した変更内容を破棄して、初期値に戻します。

DDC/CIサポート

OSDアプリによる、OSDメニュー設定変更を許可するかどうかを設定できます。

OSDアプリがあれば、モニターの設定をパソコンから行うことができます。

言語

OSDの表示言語が下記の10言語から選択できます。

ドイツ語、中国語(簡体字、繫体字)、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語、オランダ語、ポルトガル語

HP V28 4Kのモニターメニュー「情報」

HP V28 4K OSDメニュー

現在の入力データ情報やカラー設定を表示します。

表示されるのは、「現在のモード」「最適なモード」「カラー設定」「バックライト動作時間」「ファームウエアのバージョン」「シリアル番号」です。

HP V28 4KモニターのVESAマウントは?

HP V28 4K VESAマウント

HP V28 4K は、VESAマウント100mmに対応しています

VESA対応のモニターアームやThinkCentre M75q Tiny Gen2などの超小型PCをモニター背面に取り付けることもできます。

標準添付のスタンド台とVESAマウントがそれぞれあるので、VESAマウントを占有することなく、モニターアームや超小型PC取り付けなど拡張性が高いのがポイントですね。

HP V28 4Kモニターの保証は?

標準保証が1年付きます。

保証内容は、引取り修理サービス、パーツ保証、電話サポートとなっています。

HPV284Kモニター補償

モニター補償の延長もできます。

購入時は、特価で4,500円で3年に延長できました。

モニターは大型なので、宅急便ですと140サイズ1,850円~かかります。

送料往復分+αで保証が延長されるので、モニターは非常に延長保証おトクになっています。

加入が絶対おすすめですよ。

なお、補修用部品の最低保有期間は、販売終了後3年間なのですが、経験上、補償に入っていると何らかの対応を行ってくれます。

HP V28 4Kモニターの廃棄・回収方法は?

HP V28 4K回収

HP V28 4Kは、PCリサイクルマーク付きなので、廃棄料金は無料です

個人のモニターを家庭から廃棄する場合は、「パソコン3R推進協会」経由で廃棄を申請します。

詳細は、「家庭系PCのリサイクル(個人のお客様)」から確認できます。

【結論】HP V28 4Kモニターのまとめ

2021HP福袋 HP V28 4K ディスプレイモニター

HP V28 4Kモニターは、2020年8月発表のエントリー4Kモニターですが、基本機能が高く、手軽に4K解像度を利用できる、コストパフォーマンスが高いモニターです。

4K解像度のデスクトップになれてしまうと、元に戻るのが嫌になるぐらい、作業効率が高い環境を構築することができます。

テレワークや在宅ワークで外付けモニターを検討している方には、是非とも検討していただきたいモニターです。

↓↓HPモニターの購入はこちらをクリニック↓↓

HPダイレクトでのモニター購入はこちらをクリック!

お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル

スポンサーリンク

フォローする