【実機レビュー】ファーウェイスマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

スポンサーリンク

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

2022年11月15日に華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、スマートウォッチ新製品「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を発表しました。

新製品のスマートウォッチWATCH GT 3 SEは、ビジネス向けスマートウォッチのエントリークラスとして発売され、価格は公式サイト等で27,280円(税込)、2022年11月18日から販売を開始します

今回、このHUAWEI WATCH GT 3 SEをメーカーよりお借りすることができ、一足早く試す機会を得たので、実機レビューを行いました。

HUAWEI WATCH GT 3 SEのレビューとキャンペーン情報などについてお伝えします。

↓↓ HUAWEI WATCH GT 3 SEの購入はこちらをクリニック↓↓

HUAWEI WATCH GT 3 SEとは

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

HUAWEI WATCH GT 3 SEは、ビジネスシーンにもフィットするデザインのスマートウォッチです。

14日間のロングライフバッテリーだけではなく、薄さと軽さ実現してワークアウト中でも快適な装着感を実現しています。

そのため、健康を気にするビジネスパーソンにはぴったりのスマートウォッチで、ちょっとした運動のログから、日常の健康管理まで行うことができます。

5つの衛星システムに対応したGPS機能を搭載しているので、正確な距離やルートを保存することができ、アウトドアでの使用もサポートしてくれます。

価格は27,280円(税込)で、ワンランク上の機能が搭載されつつ、リーズナブルな価格になっています。

WATCH GT 3 SEは、ビジネスシーンにも溶け込む、スポーティーなデザイン

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

HUAWEI WATCH GT 3 SEの文字盤は円形です。

四角型スマートウォッチのようなサイバー感がないので、腕時計として自然に腕になじむ形状です。

ベゼルはダイバーズウオッチのようなデザインですが、回転する機能はありません。

ベゼルがあるのでぶつかったとき、液晶画面をしっかり保護してくれる安心感があります。

WATCH GT 3 SEのケースは、大き目だが厚みは普通サイズ

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

HUAWEI WATCH GT 3 SEのケースの大きさは、直径約46mm、厚みは約11mm。重さは35.6g(ベルトを除く)。

特別厚みがあるわけではないので、男性用長袖シャツの袖の中にしまうことができます。

ベルトは、ラバー製のため汗や水に強く、金属アレルギーの方にも安心ですが、高級感には欠けます。

手前側の長いベルトには、製品名の「HUAWEI WATCH GT」のロゴがあり、所有欲を満足させてくれます。

なお、ラバー製ベルトが気になる方は、市販されている22mm幅サイズのベルトへの交換も可能なので、お気に入りのベルトに交換するのもおすすめです。

WATCH GT 3 SEのディスプレイは有機EL採用で視認性は良好

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

HUAWEI WATCH GT 3 SEのディスプレイは、1.43インチの有機EL(AMOLED)を採用し、解像度は326ppi(466×466)となっています。

Apple Watch Series 8やUltraを上回るピクセル数となっているのと、有機ELの高い発色性能により、文字盤に奥行きが感じられるほど高精細な画面です。

腕にはめて、斜めからも文字盤がしっかりと確認できるます。

また、常に時間が気になる場面では、常時画面を点灯することもできます。

WATCH GT 3 SEのレスポンスは良好でカクツキはなし

HUAWEI WATCH GT 3 SEの画面をタッチした時のレスポンスやメニューのスクロールは、スムーズで、長いメニューも素早く移動できます。

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

ケースの右側には、リューズと機能ボタンがあります。

リューズや機能ボタンは大きめなので、手袋をしたままでも操作が可能です。

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

リューズを押すと、アプリ一覧が表示されます。

機能ボタンを押すと、登録したアプリを起動することができます。

初期設定では、ワークアウトになっていますが、好きなアプリにボタンを変えることができます。

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

ディスプレイ上部をスライドすると、クイックメニューが表示されます。

クイックメニューの表示もスムーズなので、アラームなど頻度よく使用するアプリを1アクションで起動できるメリットがあります。

WATCH GT 3 SEのプリセットワークアウトモードは18種類

HUAWEI WATCH GT 3 SEには、ランニング(屋外、屋内)、ウォーキング(屋外、屋内)、サイクリング(屋外、屋内)、プール水泳、オープンウォータースイム、縄跳び、登山、ハイキング、トレイルラン、スキー、スノーボード、クロスカントリー、トライアスロン、エリプティカル、ローイング、自由トレーニングのワークアウトモードがあります。

屋外のワークアウトは、現在の位置情報をGPSで受信してから行います。

また、ワークアウトの自動検出機能もあるので、ボタン操作なくスムーズに運動を始めることができます。

18種類以外の自由トレーニングモードもあるので、プリセット以外の運動も記録することができます。

WATCH GT 3 SEのバッテリーライフは、最大約14日間

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

HUAWEI WATCH GT 3 SEの充電方法は、添付のワイヤレス充電器(CP81-1)もしくは、Qi規格のワイヤレス充電器から行います。

充電警告が出る電池残量の20%から、添付の充電器で約1時間30分ほど充電するとフル充電されました。

ワークアウトを行わないで、メールなどを受信しつつ心拍数や睡眠を記録して一日中装着すると、約5%バッテリーが減りました。

1日で5%とすると、約20日間使用できる計算になります。

ワークアウトモードの屋外ウォーキングでは、2時間で20%バッテリーが減りました。

電池の持ちがよく、毎日必ず充電が必要ではないのが便利です。

↓↓ HUAWEI WATCH GT 3 SEの購入はこちらをクリニック↓↓

WATCH GT 3 SEの仕様一覧

仕様一覧【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

↓↓ HUAWEI WATCH GT 3 SEの購入はこちらをクリニック↓↓

WATCH GT 3 SEのまとめ

【実機レビュー】ファーウェイ スマートウォッチWATCH GT 3 SEの口コミ評価&評判まとめ

ビジネスパーソン向けスマートウォッチで、液晶が直径約46mmと大きく見やすく、円形なのでビジネスシーンから、スポーティーな場面まで使用できるオールラウンドな機種になっています。

基本機能が高いほか、バッテリー性能が高く毎日充電しなくても、ワークアウトに耐えられる性能は、他社のスマートウォッチを抜きん出ています。

WATCH GT 3 SEを使って、運動習慣を見直したり、毎日の健康管理を行うことができます。

健康を気にするビジネスパーソンにはぴったりのスマートウォッチです。

↓↓ HUAWEI WATCH GT 3 SEの購入はこちらをクリニック↓↓

スポンサーリンク

フォローする